スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/03/06 の記事
  

FF12 ちゃんと「シド」という名前の人がいた!!+ミストナック(必殺技)情報

おぉおお!!「ファイナルファンタジー12」にも
やっぱり「シド」は登場するようですよ!
(情報提供:おでこさん(Thanks!))

シド帝国の軍事研究所にて魔石や破魔石を研究しているドクター。敵か味方かは不明だがバルフレアとも関係がある
「ああ 偽装はしている 馬鹿どもには幻を追わせるさ」
「おう ヴェイン 執政官職を楽しんでるようだな」
「貴様 あくまで力を追い求めるか」
バルフレア「破魔石に心奪われて あいつはあいつじゃなくなった」

また、破魔石の力に戸惑うアーシェの台詞。
「たかが石ころひとつで滅びた国が蘇るのです」
「私が力に飢えている 破魔石にとりつかれている」
あの戦争も調印式の罠も、ヴェインはこの力を狙って!」

ミストナック各キャラごとの必殺技で、ライセンスボードで習得可能。発動タイミングさえあえば他キャラとの連携も可能より強力な技に進化することも

おぉおおおお!!!
これはすごい!!
アルシドという人物もいましたが(参考画像
他にもちゃんとシドという人物が出て来るようです!!
設定として「帝国の軍事研究所にて魔石や破魔石を研究しているドクター」という役割があるようですね
ドクターという職業が「シド」っぽくていいですねw

それから出ました!必殺技情報です!
召喚獣についての記事でも書きましたが
FF12でのコマンドメニュは以下のようになっていますが

例:
たたかう
まほう・わざ
ミストカート---|召喚
         |他にもミスト(魔石から発せられる魔力)を使った特殊攻撃がある?
ガンビット ON
アイテム
・召喚獣を呼び出すにはコマンド画面の「ミストカート」のコマンド内から選んで召喚します
・また、この「ミストカート」には召喚以外のコマンドも存在するようです

↑の「他にもミストを使った特殊魔法がある?」
のところにどうやら今回情報をいただいた「ミストナック」が入るようですね!!

さらに、必殺技もライセンスボード上で習得しなければ使えない技となっているようなので(参考記事)、必殺技を利用するためにはキャラを上手く成長させていかなければいけないという事になります
しかも必殺技の連携まであるとは!!
これは楽しみになってきましたよ!!

さらに、バッシュがラバナスタ国王を殺害した調印式の件もヴェインが関係する罠が仕組まれていたようですね!!
ヴェインの黒い罠に落ちたバッシュ
というような背景があるのでしょうか・・・気になります!!

おでこさんがコメントで教えてくださいましたv
おでこさん、どうもありがと~!

FF12 ピンズコレクションFinalFantasy12
スポンサーサイト

KH2 ヨーロッパでは10月発売«  | HOME |  »FF12 「いたストポータブル」にさらなるキャラ登場+ステージ2つ!

コメント

ヤフオクにて

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b65333120

この人は早くも製品板を持っているようだが・・・・

ギルさん、ども~v
(すいません、あいのり見てたらぼーっとしてしまいました;;;)
これは2月頃に出てきていたパッケージの見本版のようですv
裏側の写真の部分に「見本」とあるので
写真だけ見本パッケージで
商品は本物を送る
という予定なのかな?
と思いましたv

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ff12expo.blog6.fc2.com/tb.php/1434-388bee22

 | HOME | 

FF12発売中
FF12関連ゲーム+音楽
発売中のお勧めゲーム
これから発売予定のお勧めゲーム
    とてもいい励みになっています!
    一日ワンクリックお願いします!↓
  • psBlogRanking.gif
今日: 昨日:
TOTAL:

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

【リンクについて】
このサイトはリンクフリーです

FF12 Expo お勧め


    Micro Button黒_logobmb




    アフィリエイトはここからスタート!LinkShare


APPENDIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。