スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/05/25 の記事
  

KH2&FF7:AC 野村氏のインタビュー(1UP)

1UPに野村さんのインタビュー記事が載っています
情報元:KH-Informationさん【情報提供者:0909さん(Thanks!)】
情報元:キングダムハーツ攻略ガイドさん


2ページにわたる長いインタビュー記事です
1ページ目はKH2について、2ページ目はFF7:ACについてです
以下に要約します

Q:バトルシステムは前回のKHに比べてかなり厚みがあるものになっていますが、何が原因でこのような変化へとつながったのでしょうか
野村氏:ユーザーからのフィードバックと自分が入れたいと思っていた要素が上手く組み合わさった形が今のKH2のバトルシステムに反映されています
・フォームチェンジはすでにKHの時からアイデアはあったのですが、タイミングなどの理由で入れる事が出来ませんでした
・三角のグリーンのサインが出るリアクションコマンドについては、すでにFF8の頃にそのアイデアがあったのですが、これも色々な理由で出来ませんでした

Q:カメラはKHに比べると随分と落ち着いた感じになってますが、カメラワークについても教えて下さい
野村氏:カメラワークについてもユーザからのフィードバックを元に改良を加えています
E3で皆さんがプレイしたデモは最終的な形ではないので、最終的に販売する時にはさらに皆さんに喜んでもらえるようなものを加える事が出来ると思います
ファイナルバージョンという言葉を使って説明していますが、ファイナルバージョンという言葉を使えるくらいまで仕事が進んでいるという事だと野村氏も付け加えています

Q:KHでも楽しいキャラクターがいっぱい登場していますが、今回のKH2ではさらにパイレーツオブカリビアンから実物に近いようなキャラクターが登場していますね
アニメとして登場していないキャラクターをゲームに取り入れる時にデザイン面での苦労などはなかったのですか
野村氏:それほどのチャレンジや難しい事はなかったと思います
それに、実写をゲームに取り入れる事に対してそれほど大変な事だとも思っていませんでした
(途中省略・・眠いので後で・・でも重要なコメントはありません)
KHではナイトメア・・がちょっと皆さんをびっくりさせるような要素だったわけですが、今回もそういったびっくりさせる要素が欲しかったんです
今回のE3ではほんの少しの部分しか見せられませんでしたが、全てを見た時きっと皆さんびっくりしますよ
それにFFシリーズのキャラクターを見てもらえるとわかると思いますが、FFでのアニメキャラというより実物に近いキャラクターを作っていくという経験があったので、それほど苦労はありませんでした

(グミシップの質問2つも飛ばします・・・ごめんなさいm(_._)m
まじ眠いのれす・・・)

Q:KH2のプロットについて教えてください
野村氏:KHでは全ての世界で難しくならないようにという配慮がありました
ですが、やはりスクエニのゲームですので、ディズニーの要素が加わるからといって、シンプルすぎてもいけないわけです
なのでKHにはディープなストーリーラインが根底にあります
KHではそういったディープな要素を一部表面化させただけでしたがKH2ではもっとディープな要素を表面化させます
「ハート」についても物語の中で語られます
闇と光の間を取り持つもの、闇にも光にもハートがある
ハートには闇もあるし光もあるのです
あと、「ノーバディ」の存在は物語を少し難しくしていますがそういう部分をある意味狙って作っています
「ノーバディ」は大きな役割をKH2の中で持っています

Q:KHが発売されてから3年後のKH2ですが、KH2も3年分成長しているのでしょうか
野村氏:そうですね、ユーザが3年という年齢を重ねて大人になっている分、KHもそれに合わせて成長していると思います、もしくはもうちょっと先に進んでいるかも

Q:KH:COMについて教えてください、KH2にどのような影響がありましたか?
野村氏:大きな影響が1つありましたね、COMで登場した新しいキャラクター達がKH2にも登場しますし、COMよりさらに大きくて深い役割を与えています
もしCOMがなかったら存在しなかっただろうエピソードもKH2に登場します

Q:KHは子供も遊ぶゲームという事で易しめに作ってあるのだろうというような期待があると思いますが
(ディズニーもからんできますし)
でも実際は結構難しいゲームですよね
野村氏:KH:FMでは結構難しいレベルのオプションを加えましたね、今回のKH2でもそういった経験を活かせるのかなと思いますが
でも今はちょっとどうなるか言えません

(KH2のインタビュー部分終わり
以下はFF7:ADのインタビューです)
(めちゃ眠くなってきたので、重要な部分だけ・・後で詳細UPします)
・DVDで発売される時、日本語と英語の両方が入る
・今回のE3で見せたトレーラーは最終的に出来上がるものにかなり近い
・劇場での公開についてはかなり真剣に考えている様子、何かしら出来たらと思っているらしいのでこれからの情報に期待!
・最初は20分くらいのものが今では100分のフィルムになった
・最初の20分のものは2人とかくらいしかキャラが登場しなかった
・キャラも増やしてシナリオも加えたものが100分の今の形になった
日本で販売する限定版に何がついてくるかの情報は来月明らかにする!!


どぉ~~!
来月になるとまた新情報が出そうですよv
FF7に対する熱もかなり最近上がって来てますし
これは来月の発表に注目したいと思います!

↑ワンクリックよろしくお願いいたしますm(_._)m
スポンサーサイト

KH2 野村氏のインタビュービデオ«  | HOME |  »スクエニ 昨年度の売り上げを報告

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ff12expo.blog6.fc2.com/tb.php/268-93f4eac9

 | HOME | 

FF12発売中
FF12関連ゲーム+音楽
発売中のお勧めゲーム
これから発売予定のお勧めゲーム
    とてもいい励みになっています!
    一日ワンクリックお願いします!↓
  • psBlogRanking.gif
今日: 昨日:
TOTAL:

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

【リンクについて】
このサイトはリンクフリーです

FF12 Expo お勧め


    Micro Button黒_logobmb




    アフィリエイトはここからスタート!LinkShare


APPENDIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。