スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/05/28 の記事
  

KH2 野村氏のインタビュー(PlayStation.comヨーロッパ)

PlayStation.comのヨーロッパサイトで
野村氏のインタビュー記事が掲載されていました

以下に要約します

質問:KH2のストーリについて教えて下さい
野村氏:KH2はオリジナルのKHの1年後の物語です
KH2では物語開始直後にとてもミステリアスな部分が用意されています、ここでそのミステリアスな部分について詳しくは言えないのですが
物語の一番最初にちょっと想像も出来ないような事が起こります
KH2はオリジナルと同じようにソラとその仲間達の物語です
オリジナルではハートレスが敵でしたが、KH2ではさらにそこにノーバディーが加わります
KH2ではハートについてかなり深い所まで明らかにされます


質問:シリアスな物語になるという事ですがグーフィーやドナルドなどのキャラクターを使う事に対して困難はないのですか?
(明るいキャラクターを暗くディープな物語に使う事に対しての質問)

野村氏:ディズニーのキャラクターは暗かったりシリアスだったりしないのですが、KH2で使う事はそれほど難しい事ではありませんでした
物語は確かにシリアスになって行きますが、彼らの明るさはそのまま出しています
だからこそ彼らの魅力が引き立つと思います
ディズニーキャラの魅力を引き立たせるように気をつけてもいます


質問:パイレーツオブカリビアンのように他にも新しいキャラクターはKH2に登場するのですか?
野村氏:ムーランの世界も登場しますし、パイレーツオブカリビアンもそうです
ヘラクレスの地下世界も登場します


質問:ハデスの世界ですか?
野村氏:そうです
KH2の中ではオリジナルで訪れた世界も含まれていますが、全部が全部オリジナルとまったく同じという訳ではありません
例えば美女と野獣の世界は前回では彼ら独自の世界ではなかったのですが、今回のKH2では彼ら独自の世界が描かれます


質問:どういう定義でディズニーの世界を選んでいるのですか? ディズニーからこういう風にしてくれという指示などがあるのでしょうか? それとも全て自分で考えるのですか?
野村氏:ディズニーからの指示はないです、ほとんど自分達で決定しています
まず、自分達でどんな世界をKHに使いたいかを考えて名前を挙げていきます、そしてその中でも自分がKHにフィットする世界はどれかを考えてリストアップしていき、それをチームの皆に見せて了解を取る
そうやって決まったものをディズニーへと持っていくわけです
確かにディズニーからの了解を得られなかった世界もありますけど、そういう場合はまた最初から同じプロセスをやりなおしてまたディズニーの了解を得る
その繰り返しがあって最終的なKHに使用するワールドが決定されるわけです


質問:世界を選ぶ基準はなんですか?
野村氏:基本的にやっている事は、まずディズニーの全ての世界をリストアップするんです
そして、その中でもし同じような雰囲気を持つ世界があったとしたらその同じ雰囲気を持つ世界を2つ同時に起用しないようにしています
例えばジャングルブックとターザンは同じような雰囲気を持っていますよね
なので一番最初にする事は全てのワールドをリストアップしてそのワールドをカテゴリー別に分けて行く作業から始めます
そして、一つの世界が海に近い世界だったり、また他の世界は現代的な世界、そして他の世界では自然の多い世界だったり森や森林があったりという風に選び、KHの物語にフィットする世界をリストアップしていくのです


質問:コンバットシステムがかなりスムースになっていますがオリジナルのKHでのソラのアクションを使っているのですか?
野村氏:オリジナルからリサイクルしたものはありません
全てが最初から作り直されています
なので同じ動きやアクションを見ることはないと思います
オリジナルではソラはキーブレードを手に世界を旅してキーブレードの使い方を学んで行きました
KH2ではさらに成長して攻撃時の動きやアクションがもっとかっこよくなっていると思います


質問:キングミッキーはさらに重要な役割を与えられているようですが、ミッキーがパーティに加わる事はあるのですか?
野村氏:キングミッキーは特別なキャラクターになります
ディズニーの世界ではミッキーは特別な存在で他のキャラと同等には扱えないのです
KH2の世界ではドナルドとグーフィーはソラと一緒に旅している仲間という事で他のキャラに比べると特別な存在になってはいますが、キングミッキーはさらに彼がそのKH2の世界に存在する特別な理由があるのです
なので、キングミッキーはドナルドやグーフィーと同じようには扱われませんし、他の世界に登場するキャラとも違う扱われ方になっています
キングミッキーの服装もそうですし、それに彼が物語の中でどういいったポジションにいるかという事でも特別な仕掛けが用意されています


質問:日本そして国外のRPGファンの変化に対してKHではどのように対応していますか?
野村氏:そうですね
日本でのRPGファンはコマンドスタイルに慣れていると思うんですね、コマンドスタイルにはアクション的要素がまるでないのですが 殆ど全てのRPGのトレンドがコマンドシステムになっているので、自分ではそれと反対方向に進んでみたかったんです
アクションベースのRPGですね
ヨーロッパやアメリカではそちらの方が好まれていますよね
FFシリーズのゲームは全部がコマンドシステムなので、自分の中で「これをどうやったらもっとアクションっぽいものに出来るのだろう? でもあまりアクションだけに偏りすぎないものにできないだろうか?」 と考えたわけです
コマンドスタイルとアクションを上手く組み合わせる実験をしてみたかったんですね
KHについては自分ではRPGの分野に入るものだと思っています
このコマンドスタイルとアクションの組み合わせに踏み切れた事には大変満足しています


さらにPlayStation.comではFF7:ACに関する記事をこれからアップしていくそうなのでまた注目してみたいと思います

↑ワンクリックよろしくお願いいたしますm(_._)m
スポンサーサイト

KH2 開発進捗率60~70%«  | HOME |  »次世代機の値段と発売時期

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ff12expo.blog6.fc2.com/tb.php/277-01dd387a

KH2、野村氏インタビュー

PlayStation.comで野村氏のインタビュー記事が掲載されていました。(情報源:FF12 Expoさん)お世話になってます!その中でも気になる記事をいくつかピックアップしてみました。質問:KH2のストーリについて教えて下さい 野村氏:KH2はオリジナルのKHの1年後の物語です KH2で

 | HOME | 

FF12発売中
FF12関連ゲーム+音楽
発売中のお勧めゲーム
これから発売予定のお勧めゲーム
    とてもいい励みになっています!
    一日ワンクリックお願いします!↓
  • psBlogRanking.gif
今日: 昨日:
TOTAL:

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

【リンクについて】
このサイトはリンクフリーです

FF12 Expo お勧め


    Micro Button黒_logobmb




    アフィリエイトはここからスタート!LinkShare


APPENDIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。