スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/05/30 の記事
  

FF12 イヴァリースの歴史

Final Fantasy 12の舞台がイヴァリースになる
という事で、イヴァリースの歴史について調べてみました
ただ、Final Fantasy Tacticsはプレイして今もソフトが手元にあるのですが、Final Fantasy Tactics Advanceはプレイした事がなくただ大まかな内容がわかるのみなので、この記事で書いている歴史はFFTでの歴史に偏っている事をご了承くださいm(_._)m
この年表を作るにあたってこちらのThe History of Ivaliceを参考にしながら、自分でもFFTのソフトで内容を確認しつつ表記しています
また、イヴァリースの年号を表記するにあたって、聖アジョラの生まれた年を1年として考えています
(年代の表記に間違いがある場合があります、また色々発見次第訂正していきます)

**************************************
■全ての始まり■(紀元前4千年~紀元前2千年)
この時代ほとんどの人々は南西の沿岸に暮らし、漁や狩りをして暮らしていた
この時代の終わりに近くなった頃、鉄の精製が始まり
また魔法の基礎となるものが始まったとされる
この時代には文字がなかったため記録として残るものはない
(文字はこの時代に続くロンカ王朝にて発達した)

■ロンカ王朝時代■(紀元前2千年~紀元前1千年)
ロンカ王朝の始まりはFFTの時代のゼルテニアを中心として発達していき、最盛期には今のイヴァリースとロマンダ、そしてオルダリーアの全土を支配した
高度な魔術が使用されていた時代、超文明時代とも言われる
最大の国土を誇ったロンカ王朝は天空から世界を支配していたが、謎の伝染病にてロンカ中枢は全滅し、今では無人の天空城が静かに漂うだけになってしまっている
また、この時代からの遺跡としてマトーヤの洞窟、バブイルの塔、蜃気楼の塔、そしてロンカ遺跡がある

■伝説の時代:旧文明時代■(紀元前1000年~紀元前200年頃)
ロンカ王朝崩壊後、イヴァリースはバロン王国、カシュカ王朝、パラメキア帝國に分割された

・バロン王国:
試練の城がこの王国の遺跡として残っている
バロン王国の王立兵士訓練学校だった試練の城
無敵師団と言われた戦略飛空挺師団「赤い翼」の優秀な兵士達も全てここの卒業生
だが、その学校も大崩壊で失われている
後にガリオンヌ、フォボハム、ゼルテニアに分かれた

・カシュカ王朝:
カシュカ王朝の首都として栄華を誇ったエウレカも
今は「禁断の地エウレカ」と呼ばれ過去の繁栄に引きずられる亡霊たちの死都となってしまった
伝説の大崩壊によって王家の莫大な遺産とともに壊滅した
ルザリアとゼルテニアの基礎となった国

・パラメキア帝國:
セミテの滝は古代パラメキア定刻の重要拠点の1つとされていた
この巨大な滝の地中からはミスリルが採れ、水からはエクトラズムという当時の飛空挺の燃料もとれるまさに魔法の滝だった
ライオネルの基礎となった国

上の三国はすべて伝説の大崩壊によって滅びている

また、この時代は「ゾディアックブレイブの伝説」が誕生した年代でもあるとされる
イヴァリースはゼルテニア、フォボハム、ライオネル、ランベリー、ルザリア、ガリオンヌ、ミュロンドの7つの小国に分かれており、それぞれ自国の版図を広げようといつ終わるともしれない争いを続けていた・・
数百年続いた争いの中、ミュロンドに一人の野心溢れる若き王が誕生した
若き王はイヴァリース全土を手中に収めるべく大軍を率いて戦ったが勝利への道は険しく厳しかった
そこで、王は古文書より解読した秘法を用いて魔界より魔神を召喚士、その力を利用しようとした、しかし地上に降臨した魔神は王を殺すと世界を滅ぼそうとした
次々と悪魔を召喚する魔神に対抗すべく集められた12人の勇者達はまたたくまに悪魔達を倒すとついに魔神を魔界へ戻すことに成功した
このとき彼らは黄道十二宮の紋章を刻まれたクリスタルを身につけていたことから、人々は黄道十二宮の勇者、「ゾディアックブレイブ」と呼ぶようになった

■聖アジョラの誕生と死■(紀元前200年~紀元後20年)
紀元前200年以降もその前からあった7つの国がイヴァリースの覇権を争って戦争を続けていた
紀元後1年、アジョラはルザリアのベルベニアに生まれる
生まれてすぐ立ち上がり「この井戸にはもうすぐ災いがふりかかる、今のうちに封印し人が飲まないようにしなければならない」と話した
まもなくベルベニアを黒死病が襲い、聖アジョラの言葉を信じた家族だけが生き延びた
以来「奇跡の子」、「神の御子」として崇められる
20歳で天に召された
(↑のアジョラの伝説はあくまでも現在言い伝えられている伝承であり、実際のアジョラは「神の子」などではなく普通の一人の野心溢れる人間だったと「ゲルモニーク聖典」は伝えている)

聖アジョラの時代にも「ゾディアックブレイブの伝説」と似たような危機が訪れる、イヴァリースの覇権を狙うランベリーの王が魔神を召喚し世界の混乱を招いた
聖アジョラは伝説と同様に12個の聖石を集めるとゾディアックブレイブを結成し魔神を倒した

神聖ユードラ帝國は聖アジョラの台頭を恐れ、アジョラ一派を捕らえるために挙兵
当時もっとも大きな宗教であったファラ教の司祭たちは聖アジョラの力を恐れた
13番目の使徒ゲルモニークの密告によってアジョラは捕らえられゴルゴラルダ処刑場で処刑された
処刑直後ファラ教の本拠地ミュロンドは天変地異により海中に没した
今現在見られる聖地ミュロンドは天変地異の際に海中に沈まず残った部分である

■グレバドス教会の始まり■(紀元後25年~947年)
聖アジョラの名前の元、天変地異によってその基盤を大きく失ったファラ教にかわり、グレバドス教がその勢力を伸ばしていく
グレバドス教会はアトカーシャ家をイヴァリースの君主として任命しその支配権を与えた
(実際は「神の子」などではなかったアジョラを「神の御子」としたのは、アジョラの名前を出し崇める事で彼の名の影響力を利用しグレバドス教会に宗教的権力を持たせるためだったと思われる)

■50年戦争時代■(紀元後948年~紀元後998年)
50年戦争はイヴァリースとオルダリーアの間で50年間にわたって繰り広げられた戦争
50年戦争の始まりは、オルダリーアのディワンヌ王が世継ぎを残さずに亡くなった事にある
王位はディワンヌ王の従弟ヴァロワが継いだが、イヴァリースのデナムンダがその事を不満として戦争を起こした

だがそれはただの口実にすぎず、本当の理由はイヴァリース国に近いオルダリーア国のゼラモニアへの侵略行為だった
ゼラモニアはかつては独立国家であったが、100年前にオルダリーアによって侵略されていた

この最初の戦争に勝利したイヴァリースはゼラモニアの首都ブラに進軍したが、デナムンダはこの戦いの途中病に倒れ二度とイヴァリースの地を踏むことはなかった
(FFTのゲーム自体を見て確認作業しているためなかなか進みません、後日またつけたします)

■獅子戦争時代(中世)■(紀元後999年~1007年)
998年に50年戦争は終結
999年アトカーシャ王朝の18代国王、オムドリア・アトカーシャが死亡 まだ幼少のオリナス王子が後継者となる
1004年歴史に初めてディリータの名前が登場する(FFTの物語の始まり)
1005年獅子戦争勃発、以後2年戦争が続く

■アラズラム・J・Dの時代■(紀元後1407年)
アラズラム・J・Dがイヴァリースの中世史の新しい見解を示す書として「デュライ白書・400年目の真実」など多数の書籍を発行
他に「獅子戦争の謎」「聖アジョラの実像に迫る」なども執筆している
**************************************

ふぅ
一気に書いたので疲れてしまいました
今日一日かけてFFTをPSで見ながら色々調べてました...
疲れた・・・;;;
でもまだ調べきれてない部分とかがあるので
また後で付け足します
(↑にまとめたのは表の話なので
裏の話(史実から隠された話)もこれから付け足していきます)
でもできるかな(;;・∀・;;)
これだけで日曜日一日つぶしたんですけど・・・orz
人気blogランキング参加中

↑ワンクリックよろしくお願いいたしますm(_._)m

スポンサーサイト

KH2 ドリマガの7月号にE3情報«  | HOME |  »IGN.comがBest of E3 Awardsを発表!

コメント

すごく役立ちました!

ちゃぬさん初めまして、おととい辺りから何度か覗かせて頂いています。
自分自身FFXIIには期待しているもののFFAをやったことがないので世界観がとても気になっていたのでとても役に立ちました。
これからも更新楽しみにしてます、ではでは。

エライ!

凄い!スクエアの人も面倒だからしたくないような事をやってくれて感謝!自分はFFTA持っているので、今一度確認して、追加出来る情報ありましたら、ご報告させていただきます!

ありがとうございます!

kanaeさん、はじめましてv
そしてコメントありがとうございます!
すでに何度か来ていただいていると聞いてとても喜んでいますv
私もFFTはプレイしたのですがFFTAはプレイしていないのでイマイチ中途半端かもしれません;;;
でもFFTの部分はわかる限りまとめて行きたいと思っていますv
もう少し見やすい形に出来るようにがんばりますv

あ、コメントを書き終わってからkanaeさんのURL先へ飛んでみたんですが
すごいです!!
私の趣味とばっちりあってます!!!(笑
おぉ~~!
ちょっとこれから色々覗かせてもらいに行ってきますねv
お邪魔いたしますm(_._)m

がんばりすぎて多少疲れも;;

yanさん、はじめましてv
そしてコメントありがとうございます!
>スクエアの人も面倒でしたくない
ってことは・・・
もしかして攻略本買っても年表はないって事ですか・・・;;;
もし途中で挫折しそうになったらくやしいけど攻略本買ってこようか・・とか考えてたんですが、それは甘い考えだったのでしょうか(;;・∀・;;)
FFTA持ってるんですか!!
おぉ~~!それは心強いですv
ぜひぜひ有力情報教えてくださいませ!
どういう風にFFTとFFTAが絡んでいるのかもまだよくわかっていないので色々知りたいのですよv
ただ、3人の子供がある日突然イヴァリースへと飛ばされて普通の日常が戦いの日々へと変貌した・・っていう始まりは知ってるんですけど、それくらいでしょうか;;;(ほとんどわからないのが実情かも)あ、あとジャッジが居てロウが下がると牢屋に入れられるっていうシステムとかくらいかな・・
何かあったらぜひ教えてくださいv
楽しみにしていますv

FF12とFFTA

こんにちは。
イヴァリース歴史の考察すごいです!
そこで、FF12とFFTAですが。
FFTAで主人公達が遊んでいたゲームがFF、このゲームがFF12という設定で、
FFTAに登場するイヴァリースとFF12のイヴァリースは全く別の世界らしいです。
マーシュ達の住むSt.イヴァリースが一変した姿が異世界イヴァリースで、法と秩序が支配する世界、この世界には人間のほかにFF12でも登場するヴィエラやバンガなどの異人種も登場しています。
主人公達の感性によって、可愛らしくデフォルメされた姿なんだとか。
また、FFTAのエンディングにFF12ではアドラメレクが敵として登場するというセリフがあるらしいのです…。(詳しくはわからないのですが)
こんな感じでしょうか、なんの役にも立たない情報ですが;;



FFTA

こんばんは~ニシカゼさんv
>イヴァリースの歴史
やり出して思ったんですけど「とんでもない事始めちゃったかも・・」なんてちょっと後悔してました(;;・∀・;;)
でも乗りかけた船なので出来る限り完成に近づけたいと思っていますv

>FFTAで主人公が遊んでいたゲームがFF12
あ!その話どこかで見た事があるかも!! おぉ~そうだったですか~~!
FFTAで遊んでいたゲームがFF12!!
これはいい情報ですねv
さっそくデータベースに色々加えたいと思いますv
FFTAも遊んでみたいのは山々なんですが
なにせハードが手元にないので・・・;;; 
でも、FFTAのエンディングの話とても気になります!
やっぱり一度FFTAもやってみたいな~

色々役立つ情報ありがとうございましたv また何かあったりしたらよろしくお願いしますね!

レスありがとうございます、わざわざ私のサイトにまで訪問して頂けたなんて…本当にありがとうございます!
ですねっ、趣味が似ているようで!!私もちゃぬさんの記事には気になるものばかりです(笑
どうぞよろしくお願いします!

>> FFTA
私もTAはやった事ないのでとても気になります~!
色々と気になるところが満載ですね(笑

こちらこそ、書き込みありがとうございます!
kanaeさんのサイトの中をさっそくうろうろしてきちゃいましたv
いっぱいコンテンツがあって見ごたえ十分ですねv
しかも私と好みがもろ一緒なので見ていて嬉しくなっちゃいました!
さっそくこちらからリンクさせていただきましたv
こちらこそよろしくお願いいたしますm(_._)m

FFTAはなんだか私も気になってきちゃいました、でもハードから買わないといけないのでかなりお金に余裕がないとその夢は叶いそうにないです・・・
(っていうかお金に余裕のな私には叶わない夢です・・(´Д⊂グスン)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ff12expo.blog6.fc2.com/tb.php/283-9c14f504

 | HOME | 

FF12発売中
FF12関連ゲーム+音楽
発売中のお勧めゲーム
これから発売予定のお勧めゲーム
    とてもいい励みになっています!
    一日ワンクリックお願いします!↓
  • psBlogRanking.gif
今日: 昨日:
TOTAL:

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

【リンクについて】
このサイトはリンクフリーです

FF12 Expo お勧め


    Micro Button黒_logobmb




    アフィリエイトはここからスタート!LinkShare


APPENDIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。