スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/06/01 の記事
  

FFTとFFTA、そしてFF12を繋ぐイヴァリースの世界

この前イヴァリースの歴史に関する記事を書くのに久しぶりにFFTを引き出しの中からひっぱり出し色々作業していました
ホコリかぶって隅っこに押しやられていたPSもひっぱり出し
PS2専用になっているテレビをPSに繋ぎなおしスイッチオン!
ものすごく懐かしいPSの起動画面の後に現れた
FFTのイントロの画面と懐かしい音楽
愛すべきキャラクターの顔ぶれ
育て上げたアビリティーの数々
一番最初にFFTをプレイした時の感動までもが蘇ってきたような感じがして
思わずもう一度最初からプレイしてみたくなってしまいました

戦略的な戦闘が好みの人には最適なゲームであると同時に
ストーリーも練りこまれているので
ゲームが進むほどに話に引き込まれていくのがわかります

残念ながらFFTAについてはプレイした事がないのですが
先日ニシカゼさん(Thanks!)がコメントで
「FFTAで3人の子供達がプレイしていたゲームがFF12」
という情報をいただいて
そういえばそんな話をどこかで見かけた事があるかも!
と思い、その情報に基づいて色々調べてみました
すると
こちらのFF12Q&A
FINAL FANTASY 12 攻略戦記さん
でこのように紹介されている部分を発見しました

Q:ジャッジが一つキーワードになっているとの事だが、FFTAとの世界観との繋がりはどうなっているのか?
A:勿論独立したゲームなので、片方遊んでいないからって楽しめないワケじゃない。松野氏が8年ほど前にスクウェに入社して考えた一つの大きな世界観がイヴァーリス、面積も広大で、長い歴史を持っている。その一部を切り出してゲームにする手法を取った。私はいつもそういう手法を使っている。

具体的には亜人種の登場などが一致している。FFTAは現代を舞台にしたゲームで、現代世界で直前で遊んでいたのがFF12という設定だった。また、しかけがあってまた、FFTAを遊んでいるとニヤリと出来るようなものがあるが、どちらか一方を遊ばないと楽しめないワケではない。


前からFFTAも遊んでみたいなーと漠然と思ってはいたのですが
このQ&Aを読んでますますその思いが強くなりました

皆さんももしFFT、そしてFFTAをまだプレイした事がないという事でしたらFF12の発売前にぜひ一度イヴァリースの世界を体験してみてはいかがでしょうか?


PS one Books ファイナルファンタジー タクティクス




FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE




↑ワンクリックよろしくお願いいたしますm(_._)m
スポンサーサイト

E3 2005 GAME CRITICS AWARDノミネート発表«  | HOME |  »FF7 再起計画!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ff12expo.blog6.fc2.com/tb.php/291-e77649ee

 | HOME | 

FF12発売中
FF12関連ゲーム+音楽
発売中のお勧めゲーム
これから発売予定のお勧めゲーム
    とてもいい励みになっています!
    一日ワンクリックお願いします!↓
  • psBlogRanking.gif
今日: 昨日:
TOTAL:

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

【リンクについて】
このサイトはリンクフリーです

FF12 Expo お勧め


    Micro Button黒_logobmb




    アフィリエイトはここからスタート!LinkShare


APPENDIX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。